診療案内

小児科


予防接種

感染症の最良の対策は"かからないようにすること"です。
病気を予防するため、積極的に受けましょう。

【定期予防接種】

市町村からの公費(無料又は一部負担のみ)で受けることができます。(予約は必要ありません)。期日指定になっていますので、体調の良い時をみて、早目に受けましょう

  • MR(麻しん・風しん)
  • 三種混合
  • 二種混合
  • 四種混合
  • ポリオ(不活化)
  • 日本脳炎
  • 肺炎球菌(小児用)
  • Hibワクチン
  • BCG
  • 子宮頸がん

【任意予防接種】

予約が必要になりますので、事前にお問い合わせ下さい。

  • おたふくかぜ
  • 水痘(水ぼうそう)
  • 麻疹(はしか)
  • 風しん
  • B型肝炎(小児・大人)
  • ロタウイルスワクチン
  • A型肝炎
  • 肺炎球菌(成人用)

【予防接種で防げる病気について】

  • 肺炎球菌(小児用)
    肺炎球菌は、多くの子供の鼻や喉にいる身近な菌です。
    体力や抵抗力が落ちた時に感染症を引き起こします。
    細菌性髄膜炎などの重い感染症を予防するワクチンです。
    ※生後2ヶ月から接種できます。(9歳まで対象です。)
  • Hib(ヒブワクチン
    Hibとは、ヘモフィルスインフルエンザ菌b型という細菌です。
    (冬場に流行するインフルエンザウイルスとは全く違います。)
    Hib髄膜炎などの重い感染症を予防するワクチンです。
    ※生後2ヶ月から接種できます。(5歳未満まで対象です。)
  • 4種混合
    百日咳・破傷風・ジフテリア・ポリオの4種類の病気を予防することができます。
    ※生後3ヶ月から接種できます。(7歳6ヶ月までです。)
  • ロタウイルスワクチン(任意接種)
    ロタウイルスによる胃腸炎を予防します。
    嘔吐・下痢・発熱が続き、脱水を起こし、点滴や入院が必要になることがあります。感染力がとても強いといわれています。
    冬から春先にかけ流行します。
    ※生後6週から開始できます。(口から飲む生ワクチンです。)
  • B型肝炎(小児・成人用)(任意接種)
    B型肝炎ウイルスを感染予防します。
    ウイルス保持者の唾液・体液・血液などから感染します。
    感染すると、赤ちゃんはキャリア化しやすいです。
    (アメリカでは生まれたらすぐにワクチンを接種しています。)
    B型肝炎キャリア妊婦の分娩時における母子感染の予防ワクチンは、保険適用されています。
    また、水平感染予防で家族内にB型肝炎の人がいたり、血液などに触れる職業をされている方にもワクチン接種が有効です。
    ※生後2ヶ月から接種できます。
  • おたふくかぜ(任意接種)
    耳下腺腫脹を主症状として、合併症として髄膜炎・睾丸炎・難聴・膵炎があります。
    集団生活により感染する確率が高くなります。
    集団生活に入る前に接種をおすすめします。
    ※1歳から接種できます。2回接種を推奨しています。
  • 水痘(水ぼうそう)(任意接種)
    早いと生後2ヶ月位には感染します。
    感染力が強いウイルスです。
    集団生活に入る前に接種をおすすめします。
    ※1歳から接種できます。2回接種を推奨しています。
  • インフルエンザ(任意接種)
    毎年冬に流行します。肺炎・気管支炎・熱性けいれん・中耳炎などを起こし、時には脳炎などを併発します。
    絶対かからないわけではないですが、重症化は防げます。
    11月頃から接種開始をして下さい。
    ※生後6ヶ月から接種できます。(13歳未満は2回、2~4週間の間隔で接種。13歳以上は1回接種です。)

 

← 診療案内のページへ ↑ このページの先頭へ