院長挨拶

院長

 医療法人三愛会中山クリニックは、25年間、産婦人科と小児科の有床診療所として地域に貢献してきました。この度、地域の皆様方には大変なご迷惑とご心配をお掛けしますが、私の年齢的な体力の問題もあり、産科(分娩)を休止させていただきます。永きにわたり当クリニックに対してご愛顧の程ありがとうございました。

 当クリニックとして、今後、どのように地域貢献するべきか数年議論してまいりました。
 本年4月から、少子高齢化が進む中、平成の次の時代に向けて、新たに脳神経外科の開設と在宅訪問診療専門医師の配置を行い、内科・小児科・脳神経外科・婦人科外来と在宅訪問診療を軸に在宅支援診療所として、地域に根ざした包括的な医療と介護サービスで地域に貢献する方向に大きく舵を切ることにしました。在宅医療の他に、禁煙外来、乳児検診、各種予防接種、簡易人間ドック、がん検診、特定健診等など予防医療にも力を注いでまいります。尚、婦人科外来では、分娩予定の医療機関における妊婦健診が困難な方の受け入れを致します。

 介護サービスは、グループ会社である株式会社ふらむはぁとリハビリねっとのサービスを含め、地域の方々のニーズに十分に応えられる多様なサービスを有しております。居宅介護支援、訪問看護、訪問リハビリ、訪問介護、介護タクシー、通所介護、看護小規模多機能(訪問・通所・短期入所)、サービス付高齢者向け住宅、介護予防サービスなどです。
 また、本年7月には、リハビリテーション外来や通所リハビリテーションを開設致します。介護サービスに関わるケアマネージャー・看護師・介護士・理学療法士等と在宅医療サービスに関わる医師が密に連携を取りながら安心・安全な医療・介護を提供致します。

 また、当クリニックに認可保育所バンビーナ(4月)と併設する病児・病後児保育所バンビーナサポート(5月)を開設致します。小児科医師が保育所の看護師や保育士と連携をとりながら、地域の方々が安心して働ける環境づくりに貢献します。小浜市児童発達支援センターCokoUta(ここうた)の支援や保育所や学校における要医療児の看護対応も行なっております。

 今後も行政や他の医療介護事業者と連携し、「心かよい合う医療・介護」を提供し地域に貢献したいと考えておりますので、暖かい御支援よろしくお願い申しあげます。

2019年2月

院長 中山 茂樹