No,117 平成17年12月20日(火)

■特集■ 11月24日(木)午後、院長は今回は名田庄中学校で2・3年生40名を対象に、性教育の講演を行ないました。同校養護教諭の西北先生が生徒の皆さんの講演を聞いての感想文を届けて下さったので、その一部を掲載させていただきます。(最近の中学生の文ということで直さずに全文そのままです。)

はじめは「どんなことやるんやろ・・・」と思って緊張していたけど色々勉強になりました。男子のこととかで恥ずかしかったけど知れたし、女子のことでも色々知れました。
特に性病のことについて詳しく知れてよかったです。聞いたこともないものばかりで、想像(?)もつかないけどこわいんやな〜っていうのは分かりました。
今回は色々勉強になりました。ありがとうございました。(Yくん)
今日は、性教育の講演会を開いて、感染症のことやにんしんのことなど、たくさんのことを学ぶことができて、とてもよかったと思いました。性の感染症はすごい怖いと思ったし、感染症にもいろいろな病気があって知らない病気がほとんどでした。死につながる病気があって知らない病気がほとんどでした。死につながる病気や治らない、治る病気などさまざまな病気があってすごいこわいと思いました。
赤ちゃんの写真は足とか手とか顔とかいろいろな部分が見えてとてもよかったと思いました。赤ちゃんを産むことの大切さやだれがどれだけ大変なのか、など分かったし、産むということはどういうことなのかとか、あまり考えたことがなかったけど、今日の性教育の講演会でいろいろ考えることができたのでとてもよかったと思いました。
講演はとてもわかりやすかったのでよかったです。今日の性教育講演会が聞けてとてもいい勉強になりました。(Hさん)
先生、今日は本当にありがとうございました。講演を聞いて知らないことをたくさん学ぶことができました。性感染症はとても怖い病気だけど、早く先生に相談すれば大丈夫だということが分かりました。でも、それにならないためにしっかりと対策をしたいと思いました。
赤ちゃんの写真はとてもリアルでした。最新の医療技術はすごいなと思いました。エイズというのはとても怖い病気なので早くいい薬が発明されるといいなと思いました。これからもっと性については身近になってくるので、今日学んだことをしっかり頭においていきたいです。そして、性感染症にかからないようにしたいです。今日はとても勉強になりました。(Sさん)
今日の性教育の講演をきいてとても勉強になったと思いました。
性感染症についていろいろ知ることができたのでよかったと思います。成長には個人差があるので(今、自分が分からないからといって)悩まずにいればいいんだなとも思いました。
性感染症はとても怖い病気だと思ったけれど、その感染症についてのしっかりした知識があれば大丈夫なこともあるんだなと思いました。でもしっかりと気をつけなければいけないんだなとも思いました。
ぼくは今日の性教育講演で性について知ることができました。今まではこうやって知るきかいがあまりなかったので分からなかったこともたくさんあったけど、今日知ることがたくさんできてよかったと思いました。(Hくん)
今回の性教育の講演を聞いて、私が知らなかったことを知ることができてとても良い経験をすることができました。妊娠、中絶の話はとても勉強になったこともあるけどても怖いこともありました。特に中絶の手術の仕方・・・
性感染症は自分が感染してしまったら怖いけど、もっと怖いのは自分が気付かないまま放っておいて病気が悪化したり、その病気が自分の赤ちゃんにまで影響を与えてしまうということです。
この講演では自分的にはある意味、生理痛の話が一番興味深かったです。こういうことでの病気はたくさんあるけど、私はしっかり病気予防できたり、自分の体のことは自分で責任を取れる人になりたいです。そして、自分の体は自分で守れる人になりたいです。(Mさん)
今日は中学生にとって、すごく大切な話しを聞かせていもらったと思います。
スクリーンに写したりしたのを最初は見にくかったけど、すごくくわしくまとめてあったから分かりやすかったです。全然聞いたことのない病名とかが出てきて少し難しかったけど、大事なことなんやなって思いました。
さいきんは中絶したりする人が日本では増えてきたっていうことを知って、命は大切なものだから、そんなかんたんになくしたらいけないと思います。
おなかの赤ちゃんの写真を見たときはすごいなぁと思いました。大きくなってきたら手足をうごかすって書いてあって、すごいと思いました。まだ、外に出てきてないのにうごいたりするってことにびっくりしました。
性のことは、はずかしがらずにちゃんと知しきをもっとかんとあかんっていうことが、よく分かりました。(Tさん)
閉じる