入院案内

産科

お産について

  • お産は自然の流れにまかせます。私達スタッフはお産のお手伝いをさせていただくだけなので、ご自分のお産に対する考え方や希望をぜひ聞かせてください。なるべくそれにそうように努力したいと思っております(ラマーズアクティブバース、ソフロロジ-分娩法)。陣痛促進剤等は原則として医学上やむを得ない場合以外は使用いたしません。しかし、計画出産を希望される方はお申し出ください。
  • ご主人の立ち会い分娩も行っております。経産婦様の場合は、上のお兄ちゃんお姉ちゃんの立ち会いも可能です。
  • 妊娠中や分娩時に異常出産が予想される場合は小児科の医師も分娩に立ち会います。
  • 出産後、分娩室で赤ちゃんをゆっくり抱っこし、おっぱいを含ませます。御家族の方にも抱いていただくこともできます。

 

← 入院案内のページへ ↑ このページの先頭へ

 

産後の入院生活について

  • ゆっくり休んでいただける様に個室となっています。特室にはソファーベッドを設置してありますので里帰り出産で御主人も病院に泊まられる方はお申し出ください。
  • 母子同室でも母子異室でもお母様のご希望にそうようにいたします。同室でも夜などはゆっくり休んでいただく為にベビー室でお子様はお預かりします。
  • 母乳哺育を支援しています。自立授乳を行っていますので授乳時間は決まっていません。自分でするSMCマッサージ、看護スタッフが行う乳房マッサージを行っています。退院後もマッサージ希望の方はお申し出ください。
  • 育児指導、産褥指導(産後のお母様の身体と生活の話)を助産師が行います。沐浴指導も行っています。ご希望の方は御主人やおばあちゃんと一緒にごらんになれます。
  • 入院中、赤ちゃんの診察は小児科の医師が行います。退院前に1人1人医師によりお話があります。聴力検査も行っています(先天性難聴の発見)。
  • 出産後1日目よりシャワーに入ることができます。シャワー室にはドライヤー、シャンプー、リンス、ボディソープ、タオル、バスタオルがありますので御自由にお使いください。
  • 食事は、季節感ある食材を使い、できたてをお召し上がりいただける様にしております。食堂で他のお母様と一緒に会話も楽しみながらお召し上がり下さい。お祝い膳やお寿司の日もあります。

 

← 入院案内のページへ ↑ このページの先頭へ

 

その他

  • 流産・早産の予防のために、入院して安静にしていただきます。
  • つわりがひどく、食事が入らない場合など、入院して点滴治療を行います。又、嗜好に合った食事をお作りします。

 

← 入院案内のページへ ↑ このページの先頭へ